キトラ古墳の天文図を初公開

文化庁は10日、奈良県明日香村の修復施設で修復中の東アジア最古とされるキトラ古墳壁画の天文図を報道関係者に公開したという。古墳の石室内にある天文図は、剥ぎ取り前の写真は過去に公表されたが、実物が公開されるのは初めてとのこと。
キトラ古墳の天文図は漆喰上に金箔と朱線で、黄道や天の赤道と74の星座が描かれているという。古代中国の洛陽か長安付近で観測、製作された天文図を基に描かれたとされる。
保存のため平成19年7月~20年11月に113片に分けて剥ぎ取られ、修復施設で酵素や紫外線を使って汚れを落とすクリーニングが行われているそうだ。作業は現在最終段階で、黄道や天の赤道などを示す朱色の4つの円や、直径6ミリの金箔を使った星座もはっきり分かるという。
文化庁は今年9月24日、同村の国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区内にキトラ古墳壁画の保存施設「四神の館」をオープン。天文図のほか朱雀や玄武などの壁画を順次公開することにしているという。
古代中国の星座と、西洋の星座はかなり違うものなのだろうか?ぜひ見てみたい。

闘犬用土佐犬、行方不明

青森県六ケ所村尾駮で無職の男性が飼育していた闘犬用の土佐犬が行方不明だ。盗難の可能性も、逃げ出した可能性もあり、地元の小中学校などに注意が呼掛けられている。
いなくなったのは、4歳の雄犬「高潮」。大会出場経験のある闘犬で、体長約130センチの体重約80キロとかなりの大型である。
飼い主の男性は、高潮の他8頭土佐犬を飼育しており、敷地内に鉄格子のおりを設けて1頭ずつわけて入れていたという。5日前の夕方にいなくなったことに気がつき、おりを閉めるための50センチのかんぬきは開いていたとのことだった。
「犬が自分で開けられるわけがない。50年間土佐犬を育てているが、これまでで一番の大きさ。誘拐されたみたいなものだ」と話す。高潮は人懐こく、走ることは苦手だったという。また、今まで2度子犬を盗まれたと話した。
付近では警察や役場職員、動物愛護センターらが捜索にあたっているが未だ見つかっていない。
かなり大きな犬なので、目立ちそうなものだが。とにかく早く見つかって男性の元に返ってくることを願う。

菜々緒、脱悪女で月9初出演

女優の菜々緒が月9デビューすることがわかりました。
桐谷美玲主演で7月にスタートする、フジテレビ系月曜9時の恋愛ドラマ「好きな人がいること」に、主人公の恋のライバル役で出演します。
女優デビュー作となった、2012年に放送された、同局の「主に泣いてます」に主演してから4年ぶりのこと。
看板ドラマ枠初出演に「やっと月9に出させていただけるようになったんだなと思いました。月9は自分がテレビに出る前からたくさん見ていたので、すごくうれしいです」と女優としての成長を実感している模様です。
同ドラマは、海辺のレストランを舞台に、パティシエの主人公とイケメン3兄弟との恋愛模様を描くロマンチックコメディーになっているとのこと。
主人公の初恋相手である3兄弟の長男を三浦翔平、主人公をパシリ扱いする次男を山崎賢人、お調子者の三男を野村周平が演じます。

ケプラー宇宙望遠鏡に異常?

NASAは4月8日、ケプラー宇宙望遠鏡が「非常モード」に入ったことを明らかにした。ケプラー宇宙望遠鏡は2013年にも故障を起こしており、今回は新たな銀河の観測を始める前のトラブルだったという。現在、NASAはケプラー宇宙望遠鏡を通常モードに戻すべく努力しているとのこと。
ケプラー宇宙望遠鏡は2009年に打ち上げられた探査機で、太陽系外惑星を探すミッションにあたってきた。内部には140センチの反射鏡とCCDカメラを内蔵しており、これまで数多くの恒星を観測してきた。また2013年のトラブルの際には利用可能なリアクションホイールとスラスタで観測再開を試み、2014年からはまた観測を続けてきた。
ケプラー宇宙望遠鏡は非常モードでは十分な操作が行えず、またより多くの燃料を消費してしまうという。現在ケプラー宇宙望遠鏡は地球から1億2000万キロの場所に位置しており、通信には光速でも行き帰りで13分もかかってしまうそうだ。これらの状況が、同宇宙望遠鏡の復帰を難しくしているとのこと。
ケプラー宇宙望遠鏡は2012年には主要なミッションを終え、その後はNASAの努力によってミッションを続けてきた。一方日本が打ち上げ、現在通信不能に陥っているX線天文衛星「ひとみ」は外部からの観測は行われているものの、現時点では復旧のめどは立っていないそうだ。探査機や衛星がトラブルで一度通信不能になり、その後に復帰した例は過去にもいくつかあるそうなので、それに期待しよう。

梅田自動車暴走事故、犠牲者3人へ

先月大阪梅田の繁華街で起きた乗用車暴走事故。発生した2月25日から時期に一ヶ月というところで、重体のため入院治療をしていた28歳の女性が亡くなっていたことがわかった。これにより死者は3人となった。事故を起こした運転手の大橋篤さんは病死しており、交通事故での2人目の犠牲者となる。
大阪府警によると、今回死亡が確認された28歳の女性は、現場近くの会社に勤めており、大橋さんが運転する乗用車にはねられた際に頭がい骨骨折などの傷を負い、意識不明の重体だったという。運転していた大橋さんは、急性の大動脈解離を発症して意識を失い事故を起こしたとみられ、府警は引き続き詳しい事故の状況の調査を進めている。
家族はなんとかもってほしいという思いだっただろうが、残念な結果となってしまった。

嵐・相葉雅紀、スポーツ番組初司会

人気アイドルグループ、嵐の相葉雅紀が4月より、NHK総合で放送される、スポーツ番組「グッと!スポーツ」のMCを務めることになりました。
旬のアスリートをスタジオに招いて、「驚異の技」、「強い心」、「意外な素顔」などといった、心に「グッと」くるエピソードを紹介するスポーツエンターテインメント。
相葉雅紀はレギュラーとしてはスポーツ番組初司会となります。
番組内で会いたい人を聞かれた相葉雅紀は、「オコエ選手と平沢選手かな、甲子園が大好きなのでまず二人に会いたい」と語りました。
トップアスリートと対面し、どんなことを聞きたいかを問われた際には、「プライベートなところを聞きたいですね。ユニフォーム姿じゃないところが気になります」と答えました。

節分に異変?

豆をまいて悪鬼を追い払う節分に異変が起きているらしい。保育園などで子どもたちを震え上がらせた鬼が、反省して仲直りを申し出る「ソフト路線」が登場したという。恐怖を植え付けないなどの教育的配慮が背景にあるとされるが、伝統とは正反対の展開に戸惑う声もあるそうだ。
突然現れた赤鬼と青鬼に機器として豆を投げる子、泣き叫ぶ子…。「悪い子は誰だ」と追い回していた鬼はすぐに態度を一変。「怖がらせるつもりはなかったんだ。仲直りしてくれるかい」と鬼が言うと、ほっとした園児らは鬼とハイタッチを交わしたという。
年長組の6歳の園児は「最後は優しくなってくれた」とニコニコ顔。これがここ数年おなじみの光景なのだそうだ。
豆まきのあと、鬼が握手や2ショット撮影で気持ちを和らげるという。怖いまま終わると、「鬼がいるから行きたくない」と登園を渋る園児がおり、お母さんも園も困ってしまうのだそうだ。「怖い鬼をやっつけるだけでなく、受け入れることは教育的な意味がある」とする園もあるという。
しかし、「豆まきは本来、鬼、つまり邪気や役を追い払った安心感を味わう行事のはず。もし極度に怖がる子がいるのなら、一律に伝統の意味合いを変えるのではなく、個別のフォローこそが大切なのでは」と指摘する声も。
時代とともに”鬼”の捉え方が変わってしまったことが原因なのだろうか?

ココイチ廃棄品転売される

ココイチを運営する壱番屋が、廃棄処分した冷凍ビーフカツの一部が処理業者によって不正転売されたと発表した。
愛知県内のスーパー店頭で発見し、同社製の冷凍ビーフカツを購入しないように呼びかけた。
問題のカツは昨年9月に愛知県一宮市の工場で製造されたが、工場の部品が混入した可能性が浮上し、県内の業者に約4万枚の廃棄を依頼していた。しかし今月になって壱番屋社員が津島市のスーパー店頭で発見。転売が発覚したという流れだ。県の調査では、系列のスーパー2店舗で計5405枚が販売されたあとだったという。
壱番屋は、流通経路や販売先の詳細を調査するとともに、産廃業者への法的措置の検討を進めている。
今後、異物混入で問題がおこる可能性もあるが、業者はなぜこんなことをしたのか。壱番屋の社員はとても驚いたことだろう。

クリスマスイルミネーションがWi-Fiを遅くする?

英情報通信庁(Ofcom)が、「家庭で輝くクリスマスイルミネーションが無線LANのスピードを落としているかもしれない」という注意を呼びかけたとBBCなどで報じられている。
数十Mbpsというブロードバンドが英国でも普及が進んでいるが、ユーザーは必ずしも超高速を十分に享受できているわけではないそうだ。その原因の一つは、過程で利用している無線LANだという。Ofcomによると、他の電子機器による干渉が無線LAN通信を妨害し、速度を落としている場合があるという。例として電子レンジやベビーモニターのほか、クリスマスツリーに飾るフェアリーライトも原因になりうるとしている。
Ofcomは、家庭で無線LANの接続状況を簡単にチェックできるアプリ「Wi-Fi Checker」を公開し、利用を呼びかけているとのこと。
なお、このWi-Fi Checkerというアプリは評判は悪いそう。アプリで接続状況をチェックしたところでそのアプリが改善してくれるわけではないので、利用を呼びかけたところでその後どうすればいいのだろうか…?

LINEで障害、一時利用不能に

10月21日の午後4時すぎ、コミュニケーションアプリの「LINE」が利用できないトラブルが発生した。
利用できずに戸惑ったユーザーも多いのではないだろうか・・・。
メッセージの送受信ができずに、画面には<ネットワーク接続が不安定です>と表示されていた。
LINEによると、16時7分~17分の10分間に同状況が発生したという。
原因は、内部システムの不具合によるもので、詳細を確認中だという。
また、LINE広報部によると「現在は復旧しており、問題なく使用できる」とのコメントがあった。
今や、「LINE」はメールに変わって、友人や知人、家族との連絡に欠かすことのできない。