Appleと特許争う中小企業

米アップルを日本の中小企業・島野製作所が昨年8月、特許権侵害と独占禁止法違反で訴えた裁判が佳境を迎えているそうだ。アップルは特許を持つ島野の社員に、共同特許にするよう働きかけたり、「特許無効審判」を提起するなど、なりふり構わぬ戦術で優位に立とうとしているという。一方の島野は6月初旬、アップルに部品を供給しているアジアの製造会社に、特許を侵害していると販売差し止めを請求。時価総額で世界最大の企業に対し、一歩も引かずに立ち向かっているそうだ。
島野はポゴピンと呼ばれる電子機器などに使われるピンを製造。電気信号を伝えるスムーズさや耐久性に優れたピンを作る高い技術を誇っており、10年前からアップルのノートパソコンに接続する電源アダプタ側の端子向けに供給してきた。
このピンの製造に関する特許が焦点になっているという。島野によると、アップルから依頼を受けて新しいピンを開発したが、アップルは急に、自社で開発したものだと主張してきたという。島野はこれを拒否し、同社の社員の特許として認められた。
しかしアップルは2012年、島野への発注を減らし、アジアの企業からも供給を受けるようにしたそうだ。この企業が島野の特許を侵害していたという。島野は今年6月、この企業に対し販売の差し止め請求に踏み切った。従わなければ追加の措置を取る可能性があるという。
また特許を持っている島野の社員に対し、アップルは今年6月までに2回、「共同特許にしてほしい」と打診してきたという。その一方で、アップルは本来登録されるべき特許ではなかったとして、特許庁に無効を請求する「無効審判」を起しているという。
取引量の大きさを背景にアップルが下請けに対して苛烈な対応をしている事例はたびたび話題になっている。島野以外の部品メーカーからも「人の技術を盗んでヒット商品を産み出している」と、アップルのビジネスモデルへの厳しい指摘が上がるほどだという。アップルは自社工場を持たず、世界中の取引先と関係を深めてサプライチェーンを構築する手法を取るだけに、日本の中小企業が”モノづくりの意地”を原動力に起こした裁判の行方が、世界戦略に影響を与えるかもしれない。

人工知能、マリオを最短で攻略

アメリカでエンジニアをしているセス・ブリングさんが人工知能を使って懐かしの人気ゲーム「スーパーマリオ」をプレイする技術を開発したそうだ。名付けて「MarI/O(マリオ)」。機械学習の技術を駆使して、最も早くクリアできる攻略方法をコンピューターが自分で見つけてしまうのだという。
ブリングさんは大学でコンピューター・サイエンスを専攻。中でも機械学習に興味を持ち、勉強と実験を兼ねてMarI/Oを作ったそうだ。実験の場として選んだのが「スーパーマリオ」だった。ブリングさんは日本のテレビゲームが大好きで、中でもスーパーマリオは一番のお気に入りだという。
ゲーマーでもあるブリングさんが実験で目指したのは最も早くゲームをクリアする「スピードラン(speedrun)」だ。
最初はまったく経験のない状態からスタートするので、穴に落ちたり、敵に当たったりしてすぐにゲームオーバーになる。すると、次は同じミスをしないよう学習し、プレイ時間が延びていく。この作業を膨大な量で繰り返し、一番早くクリアできる攻略法を見つけていく。YouTubeに公開している動画では、「MarI/O」がどんどん失敗を学習してプレイが上手になっていく様子が公開されているそうだ。
「コンピューターが自動で操作する技術はあらゆる業界に影響を与えはじめています。人工知能はますます影響力を拡大していくでしょう」とブリングさんは言う。ブリングさんは「多くのユーザーに参加してもらい、MarI/Oの神経回路網(ニューラルネットワーク)の進化をめざしたい」と話しているという。
人工知能は一体どこまで進化していくのだろうか。

新iPhoneの出荷数、過去最大に

米紙・ウォールストリートジャーナルは8日、米アップルが年内に発売するとみられるiPhoneの新モデルについて、当初の生産台数がこれまでで最大規模となると報じた。画面サイズが大きめのスマホは買い換え需要が好調だと判断したようだ。
同紙によると、アップルは供給メーカーに新モデルを8500万~9000万台生産するよう要請。画面サイズは4.7インチと5.5インチの2種類で、昨年9月発売の「iPhone6」「6 Plus」と同じとのこと。
新モデルは画面を押す強さの違いを認識し、異なる操作が可能な機能を搭載する見通しだそうだ。ただ、全体としては小幅な刷新にとどまりそうだという。
iPhone6、6 Plusは当初生産台数が7000万~8000万台に達し、新モデルとしては記録的な売れ行きとなったそうだ。これを見越して新モデルの出荷数をさらに増やしたのだろう。日本での発売は秋ごろになるのだろうか。また発売間近になる頃にこの話題で盛り上がりそうだ。

彗星に地球外生命の可能性

欧州宇宙機関(ESA)の彗星着陸機「フィラエ(Philae)」が着陸した彗星の奇妙な外観は、地球外微生物の存在で説明できるとの新設が6日、天文学者チームから発表された。
氷の湖を覆う黒い外殻、底が平らのクレーター、表面に点在する大きな岩など、凍った塵の塊である67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の特徴の多くは、微生物の存在と「整合するもの」だという。
英カーディフ大学のマックス・ウォリス氏は、英王立天文学会が発表した声明で、ESAの彗星周回探査機「ロゼッタ(Rosetta)」によるこれまでの観劇は、67P彗星が「凍り付いた不活発な天体ではなく、地形上の変化が維持されている」ことを示していると述べている。実際、秒速32.9キロで太陽方向に突進している67P彗星は「地球上の北極や南極より、微生物の生存に適しているかもしれない」という。
研究チームは複雑な有機物質がロゼッタで検出されたことを「生命の証拠」として指摘。この有機物質が67Pの表面を驚くほど超暗黒で低反射にしているという。
また、67P彗星のガス噴出は太陽から十分に離れていて、表面の昇華を起せない距離から始まったとのこと。これは、彗星の表面下に存在する微生物が高圧ガスのポケットを形成し、これが上部の氷を割ることで有機粒子が放出されることを示唆しているという。さらに、割れ目がふさがれたり岩が動かされたりした痕跡が岩だらけの彗星表面に見られることや、「再供給される必要がある」有機物の覆いなどにも言及した。
観察される特徴は「すべて、67Pが宇宙を公転する間、活動的な微生物を維持可能な機関に太陽からの熱を受けつつ塊になる氷と有機物質の混合物に整合する」と声明は述べている。
研究チームによると、微生物は67Pに生息地を作るのに液体の水を用いている可能性がある。宇宙を旅する67P彗星が太陽に接近する暖かい期間には、この水が氷の割れ目から染み出して「雪」になるという。不凍性の塩を含む生命体、このような状況に適応するのを特に得意としており、中にはマイナス40度の低温状態で活動できるものもいるという。彗星表面の太陽光に照らされている領域は昨年9月、太陽が約5億キロの距離にある時点ですでにこの温度に適しており、弱いガス噴流を放出していたそうだ。
太陽の周りの楕円軌道を周回している彗星が太陽に接近して熱を受けると、昇華と呼ばれる個体から気体への状態変化プロセスが起き、これによって彗星に見事な尾が形成される。67Pが太陽に近づくにつれて微生物はますます活動的にはるはずだと研究チームは推測している。
うまくいけば、微生物の活動の一部がロゼッタとフィラエによってライブ中継されるかもしれない。

澤、エース後継者に岩渕を指名

6大会連続となったワールドカップを準優勝で終えた、なでしこジャパンのMF澤が、後継者に22歳のFW岩渕を指名した。
「前回のワールドカップも、今回のワールドカップも一番年下で、これから背負っていかないといけない存在。他よりも経験のある選手。それを今後につなげていってほしい。」と強い思いと共に語った。
長年、なでしこジャパンをけん引してきた、澤はすでに今大会が最後のワールドカップと表明している。
レジェンドが、覇権奪回を狙う次回のワールドカップに向け、「エース」のバトンを託した。
これから、なでしこジャパンはオリンピック予選へ向けて、挑むこととなる。
若手が集まった、新星なでしこジャパンにも目が離せない。

「火花」が生まれるまで

漫才コンビ「ピース」の又吉直樹が書いた純文学作品が話題を呼んでいる。
彼が芸人の世界を描いた青春小説『火花』は掲載された雑誌「文學界」2月号を異例の大増刷に導き、3月に単行本として出版されると50万部突破のベストセラーになった。
この話題作が生まれるには、又吉が出会ってきた男たちとの濃密な関わり合いがある。
まず作中で主人公・徳永が「師匠」と呼ぶ先輩芸人・神谷のモデルではないかと言われるのが、コンビ「烏龍パーク」の橋本武志だ。又吉と橋本は14年ほど前に知り合い、気付いたら又吉から「師匠」と呼ばれるようになっていたそうだ。『火花』のことは「師匠のこと書いてます。いいですか」と言われたという。実際小説の中には実話も含まれているそうだ。
前に「師匠をモデルに、人生を小説に書いたら面白そうなんですけどね」と話していたそうだが、冗談だと思っていたという。『火花』については「面白い」と感想を語っている。ただ、自分がモデルとして描かれているということを家族が知って、妹から心配して電話が掛かってきたとのこと。
又吉は、私生活では「パンサー」の向井、「ジューシーズ」の児玉と男3人共同生活を送っている。ここでは又吉が先輩である「神谷」の立場だ。実は向井たちは『火花』の最初の読者だそうだ。
又吉は昔から自分の書いた作品を毎回後輩に読み聞かせるのだそうだ。『火花』は少し書けるたびに、リビングで「ちょっと聞いてもらっていい?」と言って読み聞かせ、「ここまで意味わかる?」と全く本を読まない向井たちの意見を取り入れて読みやすい文章を作っていったのだという。
そうして書いた『火花』は芥川賞候補となった。芥川賞受賞作の発表は7月16日だ。果たして結果はどうなるのだろうか…。

http://www.dafhashovua.org/