梅田自動車暴走事故、犠牲者3人へ

先月大阪梅田の繁華街で起きた乗用車暴走事故。発生した2月25日から時期に一ヶ月というところで、重体のため入院治療をしていた28歳の女性が亡くなっていたことがわかった。これにより死者は3人となった。事故を起こした運転手の大橋篤さんは病死しており、交通事故での2人目の犠牲者となる。
大阪府警によると、今回死亡が確認された28歳の女性は、現場近くの会社に勤めており、大橋さんが運転する乗用車にはねられた際に頭がい骨骨折などの傷を負い、意識不明の重体だったという。運転していた大橋さんは、急性の大動脈解離を発症して意識を失い事故を起こしたとみられ、府警は引き続き詳しい事故の状況の調査を進めている。
家族はなんとかもってほしいという思いだっただろうが、残念な結果となってしまった。