スマホ依存の高校生、心身不調が3倍に

スマートフォンを頻繁に利用する高校生の間で、スマホに対する依存度が高いと心身の不調を感じる割合が約3倍になることが分かったそうだ。
2013年、埼玉県内の高校生約600人を対象に、携帯電話の使用目的や時間のほか、心身の自覚症状など約70項目を4段階の程度に分けて回答してもらい数値化。その結果、高校生の9割がスマホを持っており、1日3時間以上使用する生徒が6割いたそうだ。無料通話アプリ「LINE」は4人に3人がほぼ毎日使っていたほか、Twitterは6割が閲覧していたという。
心身の不調では「眠い」「目が疲れる」「昼間でも横になりたい」などの項目で数値が高かったそうだ。スマホへの依存度が高い上位25%のグループを残り75%と比べると、不調を示す数値で約3倍の差があったとのこと。
スマホが普及したことによってアプリやゲーム、ネットを長時間して寝不足になったり、目の不調を訴えるというのは高校生に限ったことではない。健康を害しては元も子もないので、上手に使っていかなければならないだろう。