人工知能、マリオを最短で攻略

アメリカでエンジニアをしているセス・ブリングさんが人工知能を使って懐かしの人気ゲーム「スーパーマリオ」をプレイする技術を開発したそうだ。名付けて「MarI/O(マリオ)」。機械学習の技術を駆使して、最も早くクリアできる攻略方法をコンピューターが自分で見つけてしまうのだという。
ブリングさんは大学でコンピューター・サイエンスを専攻。中でも機械学習に興味を持ち、勉強と実験を兼ねてMarI/Oを作ったそうだ。実験の場として選んだのが「スーパーマリオ」だった。ブリングさんは日本のテレビゲームが大好きで、中でもスーパーマリオは一番のお気に入りだという。
ゲーマーでもあるブリングさんが実験で目指したのは最も早くゲームをクリアする「スピードラン(speedrun)」だ。
最初はまったく経験のない状態からスタートするので、穴に落ちたり、敵に当たったりしてすぐにゲームオーバーになる。すると、次は同じミスをしないよう学習し、プレイ時間が延びていく。この作業を膨大な量で繰り返し、一番早くクリアできる攻略法を見つけていく。YouTubeに公開している動画では、「MarI/O」がどんどん失敗を学習してプレイが上手になっていく様子が公開されているそうだ。
「コンピューターが自動で操作する技術はあらゆる業界に影響を与えはじめています。人工知能はますます影響力を拡大していくでしょう」とブリングさんは言う。ブリングさんは「多くのユーザーに参加してもらい、MarI/Oの神経回路網(ニューラルネットワーク)の進化をめざしたい」と話しているという。
人工知能は一体どこまで進化していくのだろうか。