新iPhoneの出荷数、過去最大に

米紙・ウォールストリートジャーナルは8日、米アップルが年内に発売するとみられるiPhoneの新モデルについて、当初の生産台数がこれまでで最大規模となると報じた。画面サイズが大きめのスマホは買い換え需要が好調だと判断したようだ。
同紙によると、アップルは供給メーカーに新モデルを8500万~9000万台生産するよう要請。画面サイズは4.7インチと5.5インチの2種類で、昨年9月発売の「iPhone6」「6 Plus」と同じとのこと。
新モデルは画面を押す強さの違いを認識し、異なる操作が可能な機能を搭載する見通しだそうだ。ただ、全体としては小幅な刷新にとどまりそうだという。
iPhone6、6 Plusは当初生産台数が7000万~8000万台に達し、新モデルとしては記録的な売れ行きとなったそうだ。これを見越して新モデルの出荷数をさらに増やしたのだろう。日本での発売は秋ごろになるのだろうか。また発売間近になる頃にこの話題で盛り上がりそうだ。