大人もやりたい「読書通帳」とは?

ここ数年、公共図書館で「読書通帳」の導入が進んでいるそうだ。銀行ATMのような専用端末に通帳を通すと、自分が読んだ本のタイトルや貸出日を記録できる仕組みだという。図書館によっては導入後の児童図書の貸し出しが2倍に増えたところもあるそうだ。通帳に記帳する仕組みを楽しみながら、読書意欲を高めようという取り組みだ。
2010年、初めて読書通帳の端末を設置した山口県の下関市立中央図書館。これまでに約2万冊を発行し、利用者から「弟に通帳を見せられ、本嫌いの兄が本を読むようになった」「子どもが学校の図書室にも行くようになって回転よくなった」との声が寄せられているという。
図書館システムと連携したATM風の専用機に通帳を入れると、借りた日や書名、作者名などが印字される仕組みだ。図書の定価も記帳できるため「金額にしていくら分の本を読んだ」と言う記録も残せるそうだ。
通帳の大きさは実際の預金通帳とほぼ同じサイズ。ICタグが付けられており、専用機で登録をした後に使えるとのこと。1通当たりの発行費用は数百円ほどかかるが、導入している図書館の多くでは銀行や書店、地元企業にスポンサーとなってもらい、通帳に企業名を入れているそうだ。こうした取り組みをすることで、子どもたちに無料で配布できるという。
大阪府八尾市では、履歴を目に見える形にすることで読書意欲を促し、図書館を活性化させようという狙いで2014年4月に導入した。現在は市内4か所のすべての市立図書館で利用されているそうだ。通帳は市内の中学生以下の子どもに無料で配布。八尾図書館では導入後の児童図書館の貸し出しが約2倍に増えたという。
預金通帳タイプ以外にも自分で貸し出し記録を書き込む”自書タイプ”、貸し出し記録が印字されたシールを貼る”お薬手帳タイプ”などもあるそうだ。これには「いい大人だけど、これはやりたい」「借りた本の履歴もさることながら、資料として借りた本をもう一度探す時に便利そう」など世間からも絶賛する声が上がっているとのこと。中には「本当の銀行通帳より、ずっといっぱい貯まる自信がある」といった意見も。
もっと多くの図書館で導入され、大人も通帳を持つことができないだろうか?

新幹線、5時間半も停止

岩手県北上市を走行していた東北新幹線で人身事故があり、5時間半も停止せざるをえなくなった。
まだGW最中の7日午後9時半ごろ、岩手県の北上駅と新花巻駅の間を走行していた東北新幹線が男性をはねる人身事故が発生。その後5時間半にわたって線路上に停車せざるをえなくなり、乗客430人が車内に閉じ込められた。
5時間半経ってようやく駅についた乗客はメディアの取材に「何回か遅れたことがあるけど、こんなに遅れたのは初めて」「オーストラリアから戻りました。東京駅からでした。もう皆、寝たりとか諦めの感じでした」と答えたという。
止まっていた東北新幹線が、終点新函館北斗駅に到着したのは翌8日午前5時を過ぎてからだった。
JR東日本によると、この事故で合わせて8本の電車が遅れ、1本が運休となり、約1250人に影響が出たという。
5時間半座りっぱなしはつらい。7日というと、GW旅行から帰宅して最終日は家で休もうと思っていた乗客もいたのではないだろうか。