東大生、ポッキー1111個爆買い

11月11日はポッキー&プリッツの日。お菓子のスティック状の形が「1」に似ているため、平成11年11月11日から始まりました。今年は、東大生協で「S1-19 1st 2nd」という謎の集団がポッキーを1111箱買い占めたことが話題になりました。東大生協の担当者は「東大生は、なんでも一番がいいんですかね……」と苦笑いする事態に。
東大生協に聞くと、この集団は11月10日の開店直後に現れ、「買ってやるぞ、という表情を浮かべて」、次々と棚からポッキーを取っていったそうです。東大の学生仲間らしいとのこと。
東大生協では、ポッキーの日に合わせて10月下旬から「爆買い」キャンペーンを開始。ポッキーやプリッツの割引をしたり、15箱以上買ったお客さんにボンカレーなどをプレゼントしたりしたそうです。大量に商品を買ったお客さんや団体の名前をランキング形式で載せる「番付」を発表したところ、東大生の間で大きな話題となって生協に来る人が続出したそうです。
昨年売れたのは1600箱。今年は、大幅に上回る6千箱を用意しましたが、棚からどんどん消えていったそうです。数百単位で買う人も少なくなかったといいます。「1」の形をしたポッキーを、11月に1111箱買う東大生…。東大生協の担当者は「東大生は、なんでも一番が良いんですかね……」と苦笑い。「みんなが盛り上がって、生協が身近な場所になってくれたらうれしい」とのことです。
今回の東大の「爆買い」について、発売元の江崎グリコの広報の女性は電話で「シェアハピネス、シェアポッキー」と言う謎の発言。もう少し突っ込んで聞くと、東大生の大量購入のことは知っているらしく「とてもびっくりした。買っていただいたのはもちろん嬉しいが、ポッキーはみんなで分け合って食べるお菓子。みんなでつまんで、幸せを分けてほしい」と話していたそうです。
東大以外の大学でも謎の盛り上がりを見せていた11月11日。生協側も大量に仕入れて備えるなど、ポッキー&プリッツの日を楽しんでいるように思えるのですが。何はともあれ、お菓子の爆買いで盛り上がるようなイベントなら平和で良いですね。